本文へ移動

染色・加工の流れ

飯田繊工で行っている染色・加工を、荷受から出荷までご紹介します。

1
荷受
入荷明細をコンピューターに入力し、バーコード管理を行う。
2
結反
染色・漂白の2種類に分けて準備を行う。
加工別に各機械にあった準備を行う。
3
開反
丸編み反を開仕上げ加工するのに、片耳をカットして開く。
4
シルケット
生地の光沢や色彩の向上を目的とした加工。
縮率の安定や風合いの良さに効果あり。
丸シルケット・開シルケットの2種類の加工が可能。
5
調色
CCM、染液自動調合器などを使用し、色合わせを行う。
6-A
染色
開 仕 上
自動化された染色機械で加工。
色々な条件に対応できる染色技術が完備。
6-B
丸 仕 上
塩素漂白・過酸化水素漂白の2種類がある。
バッチ単位の蛍光や連続蛍光も可能。
7
脱水
染色・漂白の加工別に脱水する。
5台の脱水機を完備。
8-A
拡布
開 仕 上
染色・漂白したものを次の工程に進めるために、加工品を拡げ、整反する。
8-B
乾燥
丸 仕 上
ドラム乾燥・シュリンク乾燥の2種類あり。縮率や風合いに対応できる。
9
テンター
開 仕 上
乾燥・熱処理を連続して、幅をセットする。
安定した幅や縮率が確保できる。
10
色判定
色判定は、仕上げた反物が見本に合っているかどうかを判断する。
その判断は、CCJ、CCMなどを使用しコンピューター管理される。
11-A
検査
開 仕 上
生機因や加工因による欠点を調べる。
芯カンに巻き上げる。
11-B
粗繰
丸 仕 上
仕上前に規格巾に応じた幅を出す。
12
検反
丸 仕 上
生機因や加工因による欠点を調べる。
13
丸仕上
丸 仕 上
パックニット・セット・プレスの3種類。
加工品の素材・組織により、選択できる。
14
出荷
製品を出荷先に選別する。
運送便の手配を行う。
TOPへ戻る